2005年02月18日

仲村おりえさんとの約束

4部落ちの危機を脱して1981年のシーズンは終わった。
マネージャーの仲村おりえさんと、投手として1勝したらデートする約束をしていた。
彼女が本気で約束してたとは思わなかったから、僕の誕生日に空けとくって言われたときには、もうびっくり。
表向きは平静を装っていたが、心の中はウキウキワクワク。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上智大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

1981年秋入替戦(2)〜辛くも残留

3回裏上智大学の攻撃。
8番打者がレフト線へ2塁打。
今日は、投手なので僕は9番に入ってる。
初球打ちでライト前へ、セカンドランナーが一気にホームインし、1点先制。

1点取ってかえってプレッシャーになったか、4回表にノーアウトから連続ヒットを打たれる。
しかし、続く2者連続三振でツーアウト。
次のバッターはレフト前へ。レフトが前進守備だったおかげで、ホームでタッチアウト。なんとかピンチを切り抜ける。

結局、僕は8イニング110球を投げ、5安打無失点で、9回裏は中野さんにマウンドを託し、僕はライトの守備につく。

9回裏先頭打者は打ち取ったものの、続く打者にはレフト前に運ばれ、送りバントで2死2塁に。
そして、続くバッターの1−1からの三球目が一二塁間を抜けて、ライトの僕の前へ。懸命にバックホーム。
間一髪、アウト!
1−0で辛くも逃げ切り、3部残留を決めた。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上智大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

1981年秋入替戦(1)〜初先発

東工大との入替戦。
ようやく体調も戻った僕が先発することになった。
東工大はスタメン中4人が左打者。
東工大先攻、上智大後攻なので、先に投げる。
1番バッターは左打者。
ややサイドハンド気味で投げると、球が背中から出て見にくいのが効いて、あっさり三球三振。
あとの2人は右打者だったが、凡退させ、初回は三者凡退。2回、3回も。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上智大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする