2005年03月22日

1979年新メンバー入部

1979年4月、新入生が10名入部。
その中に、林中の後輩伊藤(捕手)、南毛利中出身の山田(外野手)がいた。
その2人に加え、16人のベンチ入りメンバーには、
山村 仁(左投左打:投手−小鮎中)、松本 昇(投手・捕手以外はどこでも守れる・スイッチヒッターー座間東中)、中村雄二(内野ー大野南中)、東 次郎(捕手ー成瀬中)
が入った。林中時代の同級生佐藤 真がエースだったものの先発せず、4回までに1-12と大量リードされた。
5回表から佐藤 真が登板。先頭打者の宮田を三球三振。
次はトップバッターに帰って僕との対戦。
中学時代よりも一段とすごくなっている。
僕も当てるのが精一杯で、ボテボテのゴロが幸いして内野安打で生きる。
2番押坂の2球目に二盗。しかし、押坂・小野が連続三振でゲームセット。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚木高校編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック