2005年03月12日

1977年夏厚愛地区大会(3)〜決勝戦前半

徳田の投げた初球が大きく曲がって内角ぎりぎりに入る。
審判のコールはストライク。
二球目も内角高目にすこしはずれる。
そして、3球目。打ちにいった僕にカーブが当たり、デッドボール。なんとか出塁。
次の岡崎は初球を一塁側にバントで、一死二塁。
3番五島は三振。4番佐藤 真がレフト前へ、ちょっと浅い当たりだったが、二死なので一気にホームに突っ込むが、間一髪アウト。

その裏、南毛利は佐藤 真の前に三者三振。
その後も4回まで両チームとも無得点。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック