2005年03月03日

1976年秋新人戦〜愛甲 猛に勝ったぞ!

決勝戦は、後に甲子園高校野球の優勝投手となった愛甲 猛のいる久木中(逗子)。
このチームもエース4番でもっているチームだ。
左投げとはいえ、変則投法している訳でもないから、左打者だから打ちにくいとということはない。
それ以前に、夏の時は球が走っていた。

ところが、この試合では疲れがたまったいたのか、夏ほどのすごさは感じなかった。徳田も好投で、6回まで無得点。
7回表、4番ピッチャー愛甲の当たりはセンターの僕のはるか頭上を越えてホームランとはならず、ぎりぎりのところで僕が好捕。
その裏、黒島がヒットで出た後の伊藤の当たりがピッチャーの横を抜けてセンター前へ、ところがセンターが後逸。そのまま黒島がホームインし、さよなら勝ち。
県大会優勝。
そして、この試合が今の南毛利中メンバーでする最後の試合になった。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック