2005年01月28日

1995年オールスター第1戦第一打席

第1戦は横浜スタジアム、高校時代の本拠地だ。
スタメン
(先攻:パリーグ)          (後攻:セリーグ)
(左)イチロー オリックス     (遊)野村謙二郎 広島
(右)あさちゃん オリックス  (三)石井 琢朗 横浜
(一)フランコ ロッテ       (中)松井 秀喜 巨人
(指)清原 和博 西武       (指)落合 博満 巨人
(遊)田中 幸雄 日本ハム     (二)ロ ー ズ 横浜
(中)秋山 幸二 ダイエー     (右)ブラッグス 横浜
(三)初芝  清 ロッテ      (捕)古田 敦也 ヤクルト
(二)小久保裕紀 ダイエー     (一)駒田 徳広 横浜
(捕)伊東  勤 西武       (左)畠山  準 横浜
(投)なおちゃん オリックス(投)佐々木主浩 横浜そして、その勝負。イチローのセカンドゴロに終わる。
次は僕の番だ。僕は1985、86、88年は阪神で、89年から92年は近鉄でオールスターには出ているが、オープン戦も含めて初対決。
とにかく、ストレートに的を絞ったが、あっという間にツーナッシングと追い込まれる。続く3球目、ストレートのタイミングで振るとフォーク。
ああ、空振り三振。
と思ったら、フォークが落ちすぎて、名手古田も捕れない。
振り逃げで一塁に生きる。
続くバッターはフランコ。清原の打席で走ったら、名対決ぶち壊しだから、ここで古田の肩と勝負。当然、佐々木はストレートしか投げない。
初球は様子見で外してくる。2球目、思い切って走った。
タッチアウト?僕はそう思ったが、二塁塁審のコールはセーフ。
タッチした野村謙二郎は抗議するが、判定がくつがえることはない。
これで、オールスター通算16盗塁、阪急福本さんの記録まであと2つ。

この後、佐々木はフランコ、清原を連続三振にとり、無得点。
さあ、なおちゃんの先発だ。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスブルーウエーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック