2005年01月24日

1995年開幕戦、がんばろう神戸

グリーンスタジアム神戸、
オリックスブルーウェーブVS千葉ロッテマリーンズ。

先発投手は、オリックス:なおちゃん、マリーンズ:伊良部
オリックス  ロッテ
9イチロー  8平井
4福良    9平野
8あさちゃん 5初芝
DHニール   3フランコ
3DJ    6堀
7田口    DH愛甲
6小川    7諸積
2中島    2定詰震災後にもかかわらず、というか「がんばろう神戸」でスタジアムは超満員。
練習の時から声援が多い。
特にイチローはもちろんだが、僕も震災で女房と子供を亡くした被災者仲間ということもあったのだろうか、
大きな声援があった。
そして、試合開始。センターの守備につく。
神戸市長の始球式の後、なおちゃんがマウンドに。
先頭の平井から平野、初芝と三者連続三振。
「今日は、飛ばして飛ばしていけるところまで行く」
となおちゃん。相手が速球王の伊良部ということもあり、かなり気合が入っている模様。
その伊良部も初回先頭のイチロー、二番田口と連続三振。そして、僕のオリックス初打席。
とにかく夢中だった。思い切って初球を振り切ると打球はライトスタンドをひとまたぎ。
なんとHR、1点先制。
これが虎の子の1点だった。
試合は、両先発がそのまま完投し、1−0でオリックスの勝ち。
お立ち台には僕となおちゃんが上った。
「放送席、放送席、ヒーローインタビューです。」
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリックスブルーウエーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック