2004年12月27日

南中での思い出1

徳田と会う前にシャワールームで汗を流していると、中学時代のことがよみがえってきた。

1975年4月、僕は厚木市立南毛利中学校(通称:南中)へ入学した。
当時の野球部は市内最弱で、公式戦で最後に勝ったのが4年前。弱いから入部希望者も少なく、3年生が5人、2年生が6人で、なんとか9人揃う位。
この年の1年生からは、僕と加藤敏明(投手)、安西望(主に外野手)、酒田隆二(主に外野手)、黒島博司(内野手)の5人が夏の大会までに残った。夏の大会の地区予選、1回戦は愛川中との対戦。
スタメンは、上級生優先で、僕は外れる。
試合は1−1のまま最終回(7回)へ。
7回表南中の攻撃。一死一・二塁となったところで、監督(顧問の越生先生)が勝負に出る。二塁の代走に僕、代打に黒島を起用。
期待にこたえて、黒島がセンター前にヒット。僕も懸命にホームまで駆け抜け、勝ち越し。
その裏、僕はライトの守りに入るが、二死満塁と攻め立てられ、一打サヨナラのピンチ。
次のバッターの当たりが右中間へ、懸命にジャンプして、なんとかキャッチし、試合終了。
ついに、4年ぶりの公式戦1勝!
翌日の試合は、競合荻野中学に0−13の5回コールド負けだったけど。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中学時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック