2004年12月19日

弟なおちゃん、初先発!

次の試合先発予定の投手が急な発熱で、急遽弟なおちゃんを先発に指名。
なおちゃんは、1984年ドラフト6位で入団。188cm、85kgの長身で、当時最速の155km/hの速球を投げた。1年目は2軍のみで、6勝3敗防御率2.65、前日に一軍入りしたばかりだった。
球は速いがコントロールに難があった。
そして、僕も7番センターでスタメン出場。江川さん。僕が、一番対戦したかった投手だ。
なおちゃんは、緊張していたのか1番松本さんに3球続けてボール。次は、真ん中へストライク。5球目、センターへの小飛球。前進してなんとか追いつく。次の篠塚さんへは、セカンドゴロ、クロマティは三振。
二回、昔近所に住んでいてあこがれだった原辰徳さんと対戦。3球目に左中間への大飛球。あわやホームランというあたりを、フェンスぎりぎりで僕がキャッチ。
これで落ち着いたのか、続く中畑さん、吉村さんを三振。
江川さんも好投で、どちらも6回までパーフェクト。僕も、第一打席は三振。第二打席はショートフライ。
7回裏、先頭の真弓さんが粘ってファーボール、やっと一人目の出塁も後が続かず。
8回表、巨人は4、5、6番が三者連続三振。
8回裏、岡田さん、佐野さんが凡退して、僕に3回目の打席が回ってくる。
(続く)

(注)これは、まったくのフィクションです。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック