2004年12月15日

優勝請負人、あさちゃん

2003年9月15日午後7時33分、そのとき僕は甲子園のベンチからバックスクリーンの映像を見ていた。
映っているのは、横浜スタジアムの横浜−ヤクルト戦、最後のバッターがセカンドゴロでアウト、試合終了。わが阪神タイガースの18年ぶりのセリーグ優勝が決まった。
矢野がフライング気味で飛び出す。
「あさちゃん、行くぞ!」と達川コーチの声。
みんなで星野監督を胴上げだ!!

これで、監督を胴上げをするのは何回目だろう。
思えば、1985年阪神タイガースに入団、センターのレギュラーポジションを取り、優勝!、日本一。
1989年近鉄バファローズに移籍。その年にパリーグ制覇!
1993年日本人野手として初のメジャーリーガーとなり、サンチエゴ・パドレス地区優勝。
1995年帰国後、オリックス・ブルーウエーブに入団。イチロー、田口とともに鉄壁の外野陣を構成し、パリーグ優勝、翌年は巨人を破って日本一に。
1998年にFAで横浜ベイスターズに移籍、38年ぶりの優勝。
2001年に近鉄バファローズに復帰。パリーグ優勝。この年で現役引退。
そして、2003年タイガースの外野守備・走塁コーチとして入団。
現役時代に7回、コーチで1回。
そんな僕を人は「優勝請負人」という。
(続く)
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック