2004年12月18日

伝説のバックスクリーン3連発

1985年は21年ぶりにタイガースが優勝した年だが、それを予兆するような試合が4月17日の甲子園阪神−巨人2回戦。
この試合は初回に巨人がクロマティの1号2ランで先制。阪神もすかさずその裏に岡田さんのタイムリーで1点を返し2-1。その後は槙原・工藤さんの両先発が踏ん張り6回までスコアボードにゼロが並んだ。持ち味の粘り強い投球を続けていた工藤さんだったが、7回表に中畑さんの犠牲フライで追加点を許す。阪神には痛い3点目と思われた。続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする